脊柱管狭窄症は、その症状の程度により 手術が必要となることもある病気です。 脊柱管狭窄症の手術はとても難易度が高く 技量によって、予後が変ってくることは 他の記事でも説明しました。