頸部脊柱管狭窄症になると、首や肩はもちろん、上肢や手指にまでとてもつらい症状があらわれるようになります。

そんな辛い頸部脊柱管狭窄症は手術をしなければ治すことができないのでしょうか?

安心してください。答えはNOです。

【スポンサード リンク】


頸部脊柱管狭窄症を手術なしで治す方法

頸部脊柱管狭窄症は、手術をしなくても辛い痛みやしびれを改善することができる病気です。

もちろん手術が必要になる場合もありますが、多くの患者様が手術をすることなくこの病気を克服することに成功しています。

それは、今注目されている”ペインクリニック”です。

ペインクリニックとは?

頸部脊柱管狭窄症の治療法には保存療法や理学療法、薬物療法、手術療法といったように様々なものがありますが、その中でも最近注目されているのが、ペインクリニックにおける治療です。

ペインクリニックというのはここ数年でかなり多くなってきている診療分野で、ここでは、痛みを摂ることに特化した治療が行われています。

ペインクリニックでは、頸部脊柱管狭窄症に対してブロック注射をすることによる治療を行っています。ブロック注射をすると、その部分の痛みを取り去ることができます。

そもそも痛みを感じているのは脳であるため、ブロック注射をすることによって、いったん「痛み」を感じる回路が遮断されます。

するとそれをきっかけとして、ブロック注射の効果が切れた後もこれまでのように痛みを感じなくなってしまうことがあるのです。

ペインクリニックで痛みをとり、毎日のストレッチで痛みをぶり返さないようにする。これが脊柱管狭窄症を治す一番の近道でしょう。