頸部脊柱管狭窄症とは、頸部の脊柱管が
狭窄することによって様々な症状が
発生する病気のことをいいます。

ご存知の通り我々の体の中心には
頸椎から腰まで真っ直ぐに伸びる
脊椎がありますが、この脊椎の中は
トンネルのように空洞になっています。

【スポンサード リンク】


頸部脊柱管狭窄症とは

そして脊柱管の中には、脊髄や神経といった、
体を動かすのはもちろん、内臓を機能させたり
排尿や排せつをしたりといった
生命活動を維持するために必要な
組織が存在しています。

ところが加齢や外傷等様々な原因によって
頸椎が変形すると、頚部の脊柱管が狭窄、
つまり神経の通り道が狭くなってしまいます。

すると狭窄部分で神経が圧迫されるようになり、
頚部や肩はもちろん、その神経が
支配している領域において
様々な症状があらわれるようになるのです。

頸部脊柱管狭窄症の症状

では頸部脊柱管狭窄症を発症した場合、
どういった症状があらわれるのでしょうか。

頚部脊柱管狭窄症の症状としてはまず、
首から肩にかけての筋肉が緊張することによる
肩こりや圧痛、頸部を前後に曲げた際に
後頭部や肩、上肢に発生する痛みなどが挙げられます。

また神経が圧迫されるようになると
上肢に痛みやしびれが出たり、
脱力感や疲労感を覚えたり、
手指の感覚に異常が発生したり、
冷感やこわばりを覚えたりすることもあります。

こういった症状が続くと、
字を書きにくくなったり
ものをつかみにくくなったりというように、
日常生活や仕事に支障をきたして
しまうこともあります。

そしてさらに症状が進行すると、
神経だけではなく脊髄も圧迫されるようになり、
歩行障害が出てきたり、排尿障害や排便障害が
あらわれたりするようにもなります。