頸椎脊柱管狭窄症は、頸椎にある脊柱管が
加齢や長年の生活習慣、交通事故など様々な
原因によって狭窄し、その中の神経が圧迫されてしまう病気です。

そして頸椎を通っている神経が圧迫されると、
その神経の支配領域において様々な症状があらわれます。

そこでここでは、頸椎脊柱管狭窄症の症状について、
詳しく解説させていただきます。

頸椎脊柱管狭窄症 症状

頚部の症状

頸椎脊柱管狭窄症になると、首やその周辺(特に肩)の筋肉が
緊張状態に陥ります。

するとその部分に圧痛が発生するようになります。

また頸部を前に倒したり後ろに倒したりした場合、
うなじのあたりから方に向かって放散痛があらわれることもあります。

上肢の症状

頸椎脊柱管狭窄症の症状は、上肢にも顕れます。
具体的には、上肢に痛みを感じたり、冷感がしたりします。

また患者様によっては、手指の感覚に異常が発生したり、
こわばりを覚えたり、上肢に疲労感や脱力感が出たりすることもあります。

これらの症状が出てくると、これまでできていた動作、
例えば字を書いたり物をつかんだりするといったことができにくくなります。

そしてある程度症状が進行してくると、
上肢の筋肉が委縮したり、手指が変形したりもします。

麻痺症状

頸椎脊柱管狭窄症が進行して脊髄が圧迫されるようになると、
下肢にも症状があらわれるようになります。

具体的な症状としては、歩行障害や排尿・排泄障害、
便秘、我慢することができないほどの排尿障害などが挙げられます。

また椎骨が著しく変形して動脈が圧迫されると、
首を曲げた際に血行障害が起こり、めまいがすることもあります。

このような麻痺症状が出てきた場合、できるだけ早く手術をして
脊髄や動脈の除圧をする必要があります。