頸椎脊柱管狭窄症を発症すると、
圧迫されている神経が支配している部分に
痛みやしびれ、脱力感といった症状があらわれます。

では、頸椎脊柱管狭窄症にはどういった
治療法があるのでしょうか。

ここでは、頸椎脊柱管狭窄症の治療法について
ご紹介させていただきます。

頸椎脊柱管狭窄症 治療法

保存療法

保存療法においては、安静にしたうえで
消炎鎮痛薬や湿布薬を使って痛みを取りつつ、経過観察をします。

頸椎脊柱管狭窄症患者様の中には、この保存療法を
行うことによって痛みやしびれを改善することが
できている方も沢山いらっしゃいます。

理学療法

ある程度痛みが改善してきたら
理学療法を行うこともあります。

理学療法(リハビリ)には牽引療法や
温熱療法、電気治療、マッサージ療法などがあります。

牽引療法では顔や首に装具をつけて
頸椎の負担を和らげることが、
温熱療法や電気治療では患部を温めたり
患部に電気を通したりすることで痛みを和らげることが、
マッサージ療法では筋肉の緊張を取ることで
症状を軽快させることができます。

ただし牽引療法に関しては、患者様によって
症状を悪化させてしまうことがあるため、
慎重に行う必要があります。

手術療法

保存療法や理学療法を行っても症状が改善しない場合や
麻痺症状などの深刻な症状が出ている場合、
あるいは痛み等のために日常生活や仕事に
支障をきたしている場合などには、
手術が行われることになります。

頸椎脊柱管狭窄症の手術法には
前方からアプローチをする前方固定術と
後方からアプローチをする形成的椎弓切除術の2種類があります。

どちらの術式による治療を行うのかということは、
どの部分で神経が圧迫されているのかということや
病変部の範囲等を考慮して、決定されます。