頚部脊柱管狭窄症の検査は、
以下のような方法によって行われます。

手技による検査

頚部脊柱管狭窄症が疑われる症状を訴えて病院を受診した場合、
まずは手技による検査が行われます。

神経の働きが正常かどうかの検査をしたり、
皮膚の表面に先がとがったものを当てて
感覚があるかどうかを調べたり(知覚検査)、
指先がきちんと動くか、指先に力が入るか
といった検査をしたり(筋力検査)します。

画像検査

頚部脊柱管狭窄症の検査において最も有効なのが、画像検査です。

画像検査には主にX線検査とMRI検査とがありますが、
X線検査では頚部の骨の状態や椎間板の変形、
椎間関節の異常や変形など、骨の状態を知ることができます。

これに対してMRI検査では、脊髄や馬尾神経、
神経根の状態を調べることができます。

X線検査で異常が見られない場合でも、
MRI検査をしてみると神経画圧迫されていることが判明する、
ということも少なくありません。

マルチスライスCTやミエログラフィー

また上記の他にも頚部脊柱管狭窄症の検査においては、
マルチスライスCTやミエログラフィーによる
検査が行われることもあります。

マルチスライスCTでは複数の検出器を使用して
頸部をスキャンし、3D構成で診断をすることができます。

ミエログラフィーでは脊髄の中に造影剤を注入し、
患者様に色々な体制になってもらいながら、
頚椎から仙椎までの状態を観察します。

ミエログラフィー検査によって、
MRI検査だけではわからなかった神経の状態を
詳しく診断することができるようになりました。

頚椎脊柱管狭窄症の診断においては、
最新機器を使用して的確な画像診断を行う必要があります。

そのためこの病気の治療を受けるにあたっては、
必要な検査機器が揃っている病院を受診することが大切です。