保存療法や理学療法、薬物療法等を行っても
症状の改善が見られない場合や
既に麻痺がおこっているという場合、
手術が選択されることになります。

では、頚部脊柱管狭窄症の手術は
どのようにして行われるのでしょうか。

頚部脊柱管狭窄症の手術

頚部脊柱管狭窄症の手術法

頚部脊柱管狭窄症の手術法には、
「除圧椎弓切除術」と「脊椎前方固定術」の
2種類の術式があります。

まず「除圧椎弓切除術」についてですが、
この術式では、脊椎にある骨成分の椎弓を
広範囲にわたって切除します。

椎弓を切除することによって狭窄している脊柱管が広くなり、
神経の圧迫を除去することができるのです。

ちなみに除圧椎弓切除術は、
首の後ろ側からアプローチをしていきます。

これに対して脊椎前方固定術では、
頚部の前側からアプローチをしていきます。

ボルト等を使って椎骨を上下で固定することによって、
神経の圧迫を取り除いていくのです。

頚部脊柱管狭窄症の手術は除圧椎弓切除術によって
行われることが多いですが、首の後ろ側から
アプローチをすることができないという場合、
この術式が選択されます。

手術は名医のもとで

ここまで頚部脊柱管狭窄症の手術について
いろいろと解説してきましたが、脊柱管、
特に頚部の脊柱管にはとても大切な神経が通っています。

そのため万が一にでも手術中に
この神経を傷つけてしまうようなことがあっては、
取り返しのつかないことになってしまいます。

そこで頚部脊柱管狭窄症の手術を受けるにあたっては、
その分野の名医がいる病院を受診し、名医に執刀してもらうことを
強くお勧めします。

頚部脊柱管狭窄症は手術の出来・不出来によって
予後が大きく変わってきますので、
名医に治療をしてもらうということが非常に重要なのです。