頚部脊柱管狭窄症の治療は基本的に、リハビリを行いつつ
経過観察をする、という方法によって行われます。

では、頚部脊柱管狭窄症のリハビリは
どのようにして行われるのでしょうか。

ここでは頚部脊柱管狭窄症のリハビリ法について
ご紹介させていただきます。

頚部脊柱管狭窄症のリハビリ法

温熱療法

頚部脊柱管狭窄症のリハビリ法としてはまず、
温熱療法が挙げられます。

温熱療法とはその名の通り、痛みがある部分を
温める治療法のことをいいます。

赤外線を患部に照射することによって
その部分を温め、痛みを和らげるのです。

痛みがあると筋肉が緊張してさらに痛みが増してしまうのですが、
患部を温めることによって筋肉の緊張を和らげることもできます。

牽引療法

頚部脊柱管狭窄症のリハビリにおいては、
牽引療法が行われることもあります。

頭や顔に専用の器具を装着してゆっくりと牽引することによって、
頚椎にかかっている負担を和らげていくのです。

ただし患者様によっては牽引療法をすることによって
さらに症状を悪化させてしまうこともありますので、
牽引療法を行うかどうかに関しては、慎重な判断が必要となります。

マッサージ

頚部脊柱管狭窄症のリハビリでは、
理学療法士によるマッサージも行われます。

患者様の多くは、痛みや血行不良によって
首やその周囲の筋肉が緊張状態になっています。

この点、理学療法士によって体のマッサージをすると、
筋肉の緊張がほぐれ、痛みを和らげることができるのです。

以上のように頚部脊柱管狭窄症のリハビリにおいては、
様々な方法による治療が行われています。

自分に合っていない方法によるリハビリをしていると
症状を悪化させてしまうこともありますので、
治療を受けるにあたっては的確な判断をしてくれる医師に
診察してもらうことが大切です。