頚椎脊柱管狭窄症になると、
以下のような症状があらわれるようになります。

筋肉のコリや緊張

頚椎脊柱管狭窄症の初期症状に多いのが、筋肉のコリや緊張です。

この病気を発症すると首はもちろん、肩の筋肉が強く緊張し、
コリが発生するようになるのです。

実際頚椎脊柱管狭窄症の患者様の中には、
なかなか治らない肩こりに悩んで病院を受診したところ
この病気であることが判明した、という方も沢山いらっしゃいます。

頚椎脊柱管狭窄症の症状

痺れ

頚椎脊柱管に狭窄が起こると、そこを通っている神経が圧迫されます。
するとそれが原因となって、痺れが生じることがあるのです。

ちなみにこの痺れですが、上腕の外側や指先に
症状があらわれることが多いようです。

また患者様の中には、腕や手指だけではなく
胸部に痛みを感じる方もいらっしゃいます。

痛み

頚椎脊柱管狭窄症になると、上腕の外側や
手指に痛みが生じることもあります。

痛みの程度は比較的軽いものから起き上がるのも
辛いほどのものまで、人によって様々です。

痛みに対しては消炎鎮痛剤や理学療法によって対応しますが、
痛みの程度があまりにもひどい場合にはブロック注射をすることで
痛みを軽減させられることもあります。

力が入らなくなる

頚椎脊柱管狭窄症がある程度進行してくると、
筋力や握力が低下してきます。

するとその結果、手や指を思うように
動かすことができなくなってしまいます。

そしてさらに症状が進行してくると神経に麻痺が生じ、
上肢の感覚がなくなったり、排尿や排便に支障が生じるようになったり
することもあります。

頚椎脊柱管狭窄症による神経麻痺は放置していると
どんどん悪化させてしまう可能性がありますので、
皮膚をつねるなどして感覚があるかどうかを確認しつつ、
何らかの異常を感じた場合には直ちに医療機関を受診することが大切です。