頚椎脊柱管狭窄症の手術では、外科的なアプローチによって
脊柱管を通っている神経の圧迫を取り除きます。

そして頚椎脊柱管狭窄症の手術法には、
除圧椎弓切除術と脊椎前方固定術の2種類があります。

除圧椎弓切除術


除圧椎弓切除術では、脊椎にある「椎弓」と呼ばれる骨成分を広範囲に切除します。
そうすることによって脊柱管にゆとりができ、神経の圧迫を取り除くことができるのです。
除圧椎弓切除術は、後ろ側からアプローチしていきます。


脊椎前方固定術


後ろ側からのアプローチをすることができない場合、頚部の前側から手術をすることになります。
脊椎前方固定術においては上下の椎骨を固定します。
すると神経への圧迫が取り除かれ、症状が次第に軽快していくのです。


頚椎脊柱管狭窄症の手術は最後の手段!?


保存療法や薬物療法、理学療法に対して、手術療法は
頚椎脊柱管狭窄症を根治させることができる治療法です。

そのため痛みやしびれの症状に悩まされている患者様の中には、
一刻も早く手術を、と望まれる方もいらっしゃいます。

しかし首の手術には、様々なリスクが伴います。

頚椎には脳からの指示を伝達するとても
大切な神経が沢山通っています。

そのため万が一手術中に神経を傷つけてしまった場合、
手足が動きにくくなるなどの運動面における
障害を抱えることになるというのはもちろん、
最悪の場合、生命活動を維持するうえで大切な臓器や
血管に障害が発生してしまう可能性もあります。

そのため頚椎脊柱管狭窄症の手術を受けるにあたってはまず、
安心して手術を任せることができる先生を探し、
その先生とよく話し合ったうえで、
手術をするかどうかを決めることが大切です。