頚椎脊柱管狭窄症の治療法には、以下のようなものがあります。

保存療法

軽度の頚椎脊柱管狭窄症の場合、保存療法を行います。

コルセットを装着して頚椎にかかる負担を和らげたり、
湿布薬や消炎鎮痛剤を服用したりすることによって、
症状が軽快するまで安静にしてくのです。

ただし長期間コルセットを装着していると
首の筋力が低下してしまうため、ただ単に安静にしておくのではなく、
医師の指導の下で運動療法を行い、筋力をキープすることが大切です。

理学療法

理学療法においては、患部を温める温熱療法を行ったり、
頚部を牽引する牽引療法を行ったり、
理学療法士によるマッサージを行ったりします。

理学療法は頚椎脊柱管狭窄症を根治させる治療法ではありませんが、
継続的な治療を行うことによって症状を軽くすることができます。

またこれらの治療を行っても辛い痛みが改善されない場合、
ブロック注射をすることによって痛みを軽くできることもあります。

手術療法

手術療法は、いわば頚部脊柱管狭窄症治療の
最終手段ともいえる治療法です。

頚部脊柱管狭窄症に対する手術療法には主に、
除圧椎弓切除術と脊椎前方固定術の2種類があります。

除圧椎弓切除術においては、脊柱管を狭くしている原因である
骨や靭帯を切除して、神経に対する圧迫を取り除きます。

これに対して脊椎前方固定術においては、
頚部の前方からアプローチをして上下の椎骨を固定し、
神経への圧迫を除去します。

最近は内視鏡手術によってできるだけ患者様の体に
負担をかけないように手術をすることができるようになっています。

しかし首の手術には様々なリスクが伴うということに
変わりはありませんので、手術を受けるかどうかということは、
医師とよく相談をした上で慎重に判断をする必要があります。