腰部脊柱管狭窄症 運動療法 脊柱管が狭くなることにより神経が圧迫される脊柱管狭窄症。実はこの病気は、手術をしなくても運動療法によって治療をすることができる場合があります。

そこでここでは、脊柱管狭窄症に対する運動療法に対する運動療法について説明します。

【スポンサード リンク】


腰背筋のリラクゼーション

脊柱管狭窄症に対する運動療法は、脊柱管の周りにある腰背筋や体幹筋を鍛えることを主たる目的としています。過緊張状態にある筋肉をリラックスさせるとともに筋力をつけることで、症状を緩和させることができるのです。

腰背筋をリラックスさせる

まずは、腰背筋をリラックスさせる運動法についてです。

椅子に腰かけて、片方の足を両手で抱えましょう。そしてその足を胸に近づけるようにして5秒間キープします。これを5回1セットとして、片足3セットずつ行いましょう。

腰背筋を中心に体幹筋を強化する

体幹の筋力が低下していると、姿勢が悪くなったり腰背筋が疲れやすくなったりします。そこで脊柱管狭窄症の治療においては、体幹筋を強化することが重要になってきます。

まずは、椅子に腰かけてお尻を少し前の方に出しましょう。その状態から、背もたれに向かって状態を倒し、背もたれに背中が付かないくらいの所で5秒間、その状態をキープします。

これを5回1セットとして、3セット位行うのが理想的です。

無理は禁物

ここでご紹介させていただいた運動法は、椅子さえあれば誰でも簡単に実践することができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

ただし運動をしている時に強い痛みを感じたり、運動をしたことによって痛みが酷くなったり、主治医からから運動を禁止されている場合には、運動を続けてはいけません。運動療法は、体の状態と相談しながら無理のないように行うことが大切です。