脊柱管には、馬尾神経(神経が束になったもの)や
脊髄が通っています。

そしてこの脊柱管が狭窄すると、中を通っている
馬尾神経が圧迫されるようになります。

すると、腰痛や下肢のしびれ、間欠歩行など
様々な症状があらわれるようになります。

この状態、つまり頭部の脊柱管が狭窄して
様々な症状があらわれる病気のことを、
頭部脊柱管狭窄症というのです。

腰部脊柱管狭窄症の種類

腰部脊柱管狭窄症は、3種類に分類することができます。

神経根圧迫タイプ

まずは、神経根圧迫タイプについてです。

脊柱管の狭窄によって神経根が圧迫された場合、
左右どちらが圧迫されたかによって症状の出方が変わってきます。

例えば神経根の左側が圧迫された場合、左側の腰から足にかけて、
痺れが出たり痛みが出たりするようになります。

馬尾圧迫タイプ

次に、馬尾圧迫タイプについてです。
馬尾というのは神経が束状になっているもののことをいいます。

そしてこの馬尾が圧迫された場合、足がしびれるというのはもちろん、
下肢に力が入りにくい脱力感を覚えたり、麻痺が起こったりします。

また症状が進行すると、排便や排尿をすることができなかったり、
反対に我慢することができないほど深刻な排泄障害が起こったりもします。

馬尾圧迫タイプは、神経根圧迫タイプよりも
症状がかなり重いタイプであるということができます。

混合タイプ

混合タイプというのは、神経根と馬尾の両方が
圧迫されているタイプの腰部脊柱管狭窄症になります。

混合タイプの場合、神経根圧迫タイプと馬尾圧迫タイプ、
両方の症状があらわれます。

腰部脊柱管狭窄症は直ちに手術をしなければならない
病気ではありませんは、麻痺症状や排せつ障害が発生している場合には、
手術が必要になってくることもあります。