腰部脊柱管狭窄症の略語

あなたは腰部脊柱管狭窄症の略語である「LCS」や「LSS」という言葉を聞いたことがありますか?

医療関係のお仕事に就いてでもいない限り、こういった言葉を耳にすることはあまりないかもしれません。

知ったところで腰部脊柱管狭窄症が改善するわけでは無いのですが^^;自分病気の事は何でも知っておいたほうがいいので調べたことをシェアしておきますね!

LCS、LSSとは

インターネットで腰部脊柱管狭窄症について調べたことがある方の中には、LCSやLSSという言葉を目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

腰部脊柱管狭窄症は、英語で「Lumber spiral Canal Stenosis」といいます。

この英語での病名を略して、「LCS」とか「LSS」と呼ぶのです。

つまり「LCS」や「LSS」というのは、腰部脊柱管狭窄症の略語であるというわけですね。

腰部脊柱管狭窄症の治療法

では、腰部脊柱管狭窄症の治療法には、以下のようなものがあります。

保存療法

保存療法では、安静にしつつ消炎鎮痛薬を服用したり湿布薬を貼ったりして、経過観察をしていきます。

腰部脊柱管狭窄症患者様の多くは、この保存療法によって症状が軽快しています。

理学療法

理学療法とは、いわゆるリハビリのことをいいます。

理学療法においては牽引療法をしたり電気療法をしたり、温熱療法をしたりします。

これらの治療をすることによって筋肉の緊張を和らげ辛い痛みを軽快させることができるのです。

また理学療法においては、理学療法士によるマッサージが行われることもあります。

手術療法

保存療法や理学療法を行っても辛い痛みが取れない場合や麻痺がおこっている場合、手術療法が選択されることになります。

手術療法においては、椎弓を削ったうえでその中にある黄色靭帯を切除し、神経の圧迫を除去します。

そうすることによって、神経が圧迫されていたことによって起こっていた症状を改善することができるのです。