腰部脊柱管狭窄症は、加齢や長年の生活習慣、
外傷など様々な原因によって脊柱管が狭窄し、
その中を通っている神経が圧迫される病気です。

ただひとくちに腰部脊柱管狭窄症と言っても、
実はその病態生理は3種類に分けることができます。

そこでここでは、それぞれの病態生理について
解説させていただきたいと思います。

腰部脊柱管狭窄症 病態生理

神経根圧迫タイプ

まずは神経根圧迫タイプについてです。

神経根圧迫タイプとはその名の通り、
脊柱管が狭くなったことによって
神経根が圧迫されているタイプの
腰部脊柱管狭窄症のことをいいます。

このタイプの狭窄症では、左右どちらの
神経が圧迫されているのかによって
症状の出方が変わってきます。

左側の神経根が圧迫されている場合には
左側の腰や下肢に、右側の神経根が
圧迫されている場合には右側の腰や下肢に、
痛みやしびれといった症状があらわれるのです。

馬尾圧迫タイプ

次に、馬尾圧迫タイプについてです。
馬尾とは、神経の束のことをいいます。

腰部脊柱管狭窄症によって
馬尾が圧迫された場合、
下肢の麻痺や脱力感、
排尿障害、排便障害といった
深刻な症状があらわれます。

このタイプの狭窄症は
神経根圧迫タイプよりも症状が重く、
場合によっては緊急手術が
必要になることもあります。

混合タイプ

混合タイプとは、神経根と馬尾の両方が
圧迫される腰部脊柱管狭窄症のことをいいます。

このタイプの狭窄症になった場合、
神経根が圧迫されることによって起こる症状と
馬尾が圧迫されることによって起こる症状の
両方があらわれます。

まとめ

以上のように腰部脊柱管狭窄症には、
大きく分けて3種類の病態生理があります。

病態化によって治療方針が変わりますので、
医療機関を受診する際は信用できる名医に
みてもらうことをおすすめします。