保存療法である、理学療法、薬物療法を行っても症状が改善しないという場合、手術が選択されることになります。

そのため現在手術を検討されている方としては、手術をした場合にどの位で今の辛い症状が改善されるのかということに関して、非常に不安に思いますよね。

では腰部脊柱管狭窄症の手術をした場合、その辛い症状はどのくらいで改善されるのでしょうか。症状別に見てみましょう!

【スポンサード リンク】


しびれ

まずはしびれについてです。

腰部脊柱管狭窄症の手術をされた方というのは、基本的にある程度の期間にわたって神経が圧迫されています。そして長期間圧迫されて傷ついた神経が回復するためには、ある程度の時間を要します。

そのため神経が圧迫されていたことによって生じるしびれは、術後ある程度までは改善されますが、それ以降はゆっくりと時間をかけて回復していくことが多いようです。

痛み

腰部脊柱管狭窄症の中でも最もつらい症状が、痛みです。この痛みに関しては、手術をしたことによって改善されることが多いようです。

もちろん手術では背中を切開したり筋肉にメスを入れたりしますので、手術をした部分には痛みがあります。しかしこの痛みに関しては術後時間が経つにつれて、徐々になくなっていきます。

麻痺

脊柱管の狭窄によって圧迫される神経の部位によっては、下肢に麻痺症状が出たり排尿・排便障害が出たりすることがあります。

ただし、この麻痺症状に関しては、術後すぐに改善される方がほとんどです。

そもそも腰部脊柱管狭窄症による麻痺症状は神経が圧迫されていることによって生じているものですので、神経に対する圧迫さえ取り除くことができれば、麻痺症状は改善されてくるのです。