腰部脊柱管狭窄症 術後 看護 腰部脊柱管狭窄症の手術では、脊椎にある組織の一部を削ったり切除したりします。そのため手術の安全性はもちろんのこと、術後の経過がどういった感じになるのか気になりますよね。

では、腰部脊柱管狭窄症の術後経過はどういった感じになるのでしょうか。やはり脊椎の手術をするとなると、完全看護でしばらくは寝たきり状態になってしまうのでしょうか。

安心してください。答えはNOです。

手術の翌日から看護不要!立ち上がることが出来る

確かに一昔前は術後1週間以上、完全看護のもと寝たきりで過ごさなければなりませんでした。しかし最近は、手術の翌日から立ち上がることができるようになっています。

そして遅くとも術後2日目くらいからは歩行訓練が始まり、開窓術による手術をした場合で2週間、内視鏡手術をした場合であれば1週間程度で退院となります。

術後に行われるリハビリ

では、腰部脊柱管狭窄症の術後は、どういったリハビリが行われるのでしょうか。

ベッドから起き上がる訓練

コルセットを装着して腰椎に負担がかからないようにしたうえで、自力でベッドから起き上がり、立ち上がることができるようにしていくのです。そして立ち上がることができるようになったら、次は歩行訓練を行います。

また入院中はどうしても寝ていることが多く筋力が低下しやすくなっているため、痛みの程度や術後の回復具合に応じて、筋力トレーニングをしたり、ストレッチをしたりもします。

エルゴメーター

若い方は回復が早いため、入院中であってもエルゴメーター(自転車のことです)を使ったリハビリをする場合もあります。