腰部脊柱管狭窄症の手術を受けた場合、特に問題がなければ術後翌日、あるいは翌々日からリハビリが開始されます。ただ皆様の中には、

「術後翌日からリハビリって、何をするの…」
「なにか、痛いことをするのだろうか…」

と不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。そこでここでは、術後のリハビリではどういったことをするのかということについて解説させていただきます。

腰部脊柱管狭窄症 術後 リハビリ

起き上がり・立ち上がりの訓練

腰部脊柱管狭窄症の術後のリハビリは、ベッドから起き上がる訓練から始まります。術後は脊椎がまだまだ不安定な状態にありますので、
無理な体勢で起き上がろうとすると腰椎に負担がかかってしまいます。

そこでまずは、理学療法士の指導の下でベッドから起き上がる訓練をし、それができるようになったら次は、立ち上がる訓練をすることになります。

歩行訓練

さて、無事にベッドから起き上がることができるようになったら、次は歩行訓練を行います。平行棒や歩行器を使い、歩くトレーニングを行っていくのです。尚ベッドから起き上がった後は、コルセットを装着し、腰椎にできるだけ負担がかからないようにします。

また術後の経過が良好であれば、その回復段階に応じて筋力トレーニングやストレッチをすることもあります。

日常生活に関する指導

そして退院の日程が決まったら、理学療法士によって日常生活において注意すべき点の指導が行われます。

具体的にはものを持ち上げる時の体制や荷物の運び方など、せっかく手術をした脊椎を再び痛めてしまったり症状を悪化させたりすることがないよう、日常生活における様々な注意点について指導が行われるのです。