腰部脊柱管狭窄症の手術を受ける方というのは、術前に耐えがたい痛みやしびれ、あるいは麻痺症状に悩まされてきた方ばかりです。

そのため手術を受けたとして、その後の経過がどのようになるのかということは非常に気になることと思います。

ではまず、腰部脊柱管狭窄症の術後の経過はどのような感じなのでしょうか。

【スポンサード リンク】


腰部脊柱管狭窄症 術後の仕事復帰過程

腰部脊柱管狭窄症の手術を受けた場合、基本的にはその翌日からリハビリを始めることになります。

具体的にはベッドから起き上がる訓練や自力で立ち上がる訓練をして、それができるようになれば今度は、平行棒や歩行器を使った歩行訓練が行われます。

そして特に問題がなければ2週間程度で退院となりますが、退院直前には理学療法士によって、日常生活の中で注意すべき点に関する指導が行われます。

ちなみに背中を大きく切開する必要がない内視鏡手術を受けた場合、早ければ1週間以内で退院をすることができます。

どのくらいで仕事に復帰することができるのか

では腰部脊柱管狭窄症の手術を受けた場合、どのくらいで仕事に復帰することができるのでしょうか。

このご時世そんなに長く仕事を休むわけにもいかないため、仕事復帰の時期については非常に気になる問題かと思います。

仕事復帰の時期は、患者様の職種によって変わってきます。

まずデスクワークをしている方の場合、術後の経過が順調であれば退院後1週間から2週間程度で仕事に復帰することができるようになります。

これに対して肉体労働など体を使うお仕事をされている方の場合、仕事に復帰するためには術後1か月程度の期間が必要となります。

焦って体の状態が不完全なうちに仕事復帰をすると予後が悪くなってしまう可能性もありますので、職場復帰は必ず医師の許可を得てからにしましょう。