腰部脊柱管狭窄症の手術を受ける場合、
不安なことがいろいろと出てきますよね。

「術後の経過はどうなのだろうか、」
「手術をすればちゃんと元通りの生活をすることができるか」
「術後の痛みはどのくらいなのか・・・」

といったように、いろいろと不安に思われることも多いかと思います。

そしてその不安要素の中には、
「治療費」に関するものもあるでしょう。

腰部脊柱管狭窄症の手術は脊椎の手術ですし、
手術を受けるにあたっては2週間程度の入院が必要になります。

そのため腰部脊柱管狭窄症の手術に
どのくらいの費用がかかるのかということは、
非常に気になる部分かと思います。

腰部脊柱管狭窄症 手術費用

腰部脊柱管狭窄症の手術費用

では、腰部脊柱管狭窄症の手術を受けるためには
どのくらいの費用が必要になるのでしょうか。

腰部脊柱管狭窄症の手術を受ける場合、
その治療費は入院にかかる費用と合わせて、
20万円程度となります(3割負担の場合)

また最近は内視鏡手術も盛んに行われるようになっていますが、
内視鏡手術を受けるという場合、病院によっては
30万円程度の費用が必要になることもあります。

当然ですが腰部脊柱管狭窄症の手術は、
保険適用にて受けることができます。

そのためその治療費に関しては、
そこまで心配する必要はないかと思います。

また地方自治体では医療費に関する補助制度も整っており、
これを利用すれば毎月一定額以上の治療費を支払う必要が
なくなることもあります。

最近は院内にソーシャルワーカーを
在籍させている病院もありますので、
詳しくは手術を受ける病院に在籍している
ソーシャルワーカーや各地方自治体の窓口に
相談してみることをおすすめします。