腰部脊柱管狭窄症は、腰部の脊柱管が狭窄して
狭くなることでその中を通っている神経が圧迫されて、
腰や下肢に辛い症状があらわれる病気のことをいいます。

そのため腰部脊柱管狭窄症の手術においては、
脊柱管を広くすることによって
神経の圧迫を除去する必要があります。

そしてこの腰部脊柱管狭窄症の手術の中には、
「開窓術」という術式があります。

では、「開窓術」とは一体どういった
手術方法なのでしょうか。

腰部脊柱管狭窄症 開窓術

腰部脊柱管狭窄症の開窓術とは

腰部脊柱管狭窄症の手術はかつて、
「広範椎弓切除術」という術式によって行われていました。

椎弓を広範囲に切除したうえで靭帯を切除し、
脊柱管を広くしていたのです。

しかしこの術式では骨を広範囲に切除しなければならないため、
術後に深刻な腰痛を遺してしまっていました。

そこで登場したのが、「開窓術」であるというわけです。

開窓術では骨を削ったり黄色靭帯を切除したりすることによって、
脊柱管内における神経の圧迫を除去します。

この開窓術は、顕微鏡を用いて行うことによって
より安全に、そして体へ負担を最小限に抑えることができます。

開窓術のメリット

では、開窓術にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

開窓術のメリットとしては、術後に腰痛が遺る
可能性が少ない、という点が挙げられます。

上でも書きましたが、かつて一般的であった
広範椎弓切除術では、骨組織である椎弓を
広範囲にわたって切除しなければならなかったため、
神経の圧迫による症状を改善することはできても、
骨を削ったことによる腰痛が遺ってしまっていました。

これに対して開窓術では骨を削る範囲を
最小限に抑えることができるため、
術後に腰痛を遺してしまう可能性が少ないのです。