腰部脊柱管狭窄症は、発症したからといって
直ちに手術をしなければならない病気ではありません。

保存療法や薬物療法、理学療法等によって
症状を改善することは、十分に可能です。

しかしこれらの治療を行っても辛い痛みが取れない場合や
麻痺がおこってきている場合、手術をする必要が出てきます。

腰部脊柱管狭窄症の術後 完全看護

では腰部脊柱管狭窄症の手術をした場合、
術後はどのような感じなのでしょうか?

しばらくは動くこともできず、
完全看護となるのでしょうか?

安心してください。答えはNOです。

腰部脊柱管狭窄症の術後について

確かに一昔前は脊椎の手術をするとしばらくの間は
動くことができませんでしたが、
最近は手術の翌日からリハビリが始まります。

そのため手術をしたことによってしばらく寝たきり、
などということにはまずなりません。

もちろんリハビリといってもいきなり激しい
ストレッチや筋トレをするわけではなく、
最初はベッドから起き上がる練習や
歩行器を使って歩く練習から始まります。

腰部脊柱管狭窄症の手術をした場合の入院期間は!?

では腰部脊柱管狭窄症の手術をした場合、
入院期間はどのくらいになるのでしょうか。

腰部脊柱管狭窄症の手術をした場合の入院期間は、
どのような術式によって手術をしたかによって変わってきます。

まず従来の術式で手術をした場合ですが、
概ね2週間程度で退院することができます。

これに対して内視鏡による手術をした場合、
約1週間程度での隊員が可能となっています。

脊椎の手術をしたのにたった1週間で退院とは、
少し意外ですね。

内視鏡による手術は体に対する負担が少ないため、
最近は内視鏡による手術が主流となりつつあります。