腰部脊柱管狭窄症の治療法には、保存療法や薬物療法、理学療法、手術療法といったように、様々な種類があります。

そしてこれらの他にとても効果的な治療法として、「運動療法」というものがあります。

【スポンサード リンク】


運動療法も腰部脊柱管狭窄症の治療法のひとつ

運動療法とはその名の通り、運動をすることによって症状の改善を図っていくという治療法です。

腰部脊柱管狭窄症によって腰や下肢に痛みが出ていると、病変部はもちろん、その周辺の筋肉まで硬くなってしまいます。

そうすると血行が悪くなり、さらに痛みが増すという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

この点、運動療法によって体を動かすと、血流を改善したり、固まっている筋肉をほぐしたりすることができ、痛みやしびれといった辛い症状を軽快させることができるのです。

また脊柱管が狭窄している部分をかばっていると、その部分はもちろん、他の部分の筋力までもが低下してしまうことがあります。

運動療法には、筋力の低下を予防する効果もあります。

自宅で運動療法を行う際の注意点

運動療法は、基本的に自宅で行っていくことになります。

自宅で行えるのであればその都度治療費がかかるということもないため、ありがたいですよね。

ただし自宅で運動療法を行う際には、注意しなければならない点があります。それは、決して無理をしないようにするということです。

痛みを我慢して無理に運動をすると、症状を悪化させてしまうことがあるのです。

また運動療法を行った後はひざ下を高くして仰向けになるなど腰が屈まりやすい体勢になって、神経にゆとりを与えてあげるようにすると、より症状を軽快させることができます。