腰部脊柱管狭窄症による辛い症状を簡単に効果的に改善できるリハビリをご存じですか?腰部脊柱管狭窄症になると、坐骨神経痛をはじめとする辛い症状が腰や下肢にあらわれます。

そのため患者様の中には
「もうこんなに辛いなら手術してしまった方がいいのだろうか」
と考える方もいらっしゃいます。

しかし腰部脊柱管狭窄症による辛い症状は、リハビリをすることによって改善できる場合があります。実際インターネットや様々な文献を見ていると、腰部脊柱管狭窄症に効果的なリハビリ法がいろいろと紹介されています。

腰部脊柱管狭窄症 リハビリ方法

腰部脊柱管狭窄症に効果的なリハビリ法

では、腰部脊柱管狭窄症による症状を改善するためには、どういったリハビリをすればいいのでしょうか。自宅でも簡単にできるリハビリ法について説明します。

まずは仰向けになって横になり、リラックスした状態で膝を両手で抱えます(A)。そしてその状態で両ひざを胸に方向に近づけ、その状態を5秒間キープします(B)。

この(A)と(B)の動きを10回1セットとして、1日6セットを目標に行っていきましょう。

近くに椅子を置いておくと、リハビリの途中で疲れてしまったときに足をのせて休むことができるので便利です。

またリハビリをするタイミングですが、起床時、午前10時、昼食前、午後3時、夕食前、就寝前に1セットずつするというのがオススメです。

なぜ効果があるの?

このストレッチには脊柱管が狭窄している部分の除圧をする効果がありますので、神経が圧迫されていることによって生じる痛みやしびれを軽減することができます。

現在腰部脊柱管狭窄症による下肢の痛みやしびれに悩まされているという方は、とりあえず2週間、このストレッチを試してみて頂ければと思います。