腰部脊柱管狭窄症というと、手術をしない限り
完全には良くならない病気である、
という印象をお持ちの方も多いかと思います。

しかし腰部脊柱管狭窄症は、リハビリをすることによって
その症状が改善されることがある病気のひとつです。

手術療法と比べるとなかなか評価されにくいリハビリですが、
腰部脊柱管狭窄症のリハビリにはどのような効果があるのでしょうか。

腰部脊柱管狭窄症 リハビリ 効果

神経の圧迫を除圧する

リハビリの効果としてはまず、脊柱管狭窄による
神経の圧迫を除圧することができる、という点が挙げられます。

腰部脊柱管狭窄症の方は腰椎が前かがみになっていて、
腰の反りが強くなってしまっています。

そうするとただでさえ狭窄している脊柱管を走っている神経が
さらに圧迫され、下肢に痛みやしびれが生じるようになるのです。

この点、牽引をしたりストレッチをしたりすると、
腰の反りを軽減することができます。

そうすると脊柱管が狭窄して神経が圧迫されている部分を除圧し、
痛みやしびれを軽減することができるのです。

病変部以外の運動性を高める

腰部脊柱管狭窄症になると、その部分の筋肉が緊張する
というのはもちろんですが、痛みが生じている部分をかばおうとして、
他の部分の筋肉まで緊張してしまうことがあります。

この点リハビリをすると、筋肉の緊張を取って
骨盤周辺の筋肉の柔軟性を高めることができます。

すると脊椎が狭窄している部分以外の運動性が向上し、
辛い症状をやわらげることができるのです。

ストレッチ

またリハビリでは理学療法士の指導の下
ストレッチをすることもありますが、
ストレッチをすると全身の血流を改善することができます。

血行不良は痛みの悪化の原因となりますので、
全身の血流を改善することによって痛みを和らげることができます。