腰部脊柱管狭窄症 手術後 リハビリ
腰部脊柱管狭窄症は手術さえすればすぐに腰が元の状態になることができるというものではありません。手術をした後は、リハビリを行わなければならないのです。

ここでは、腰部脊柱管狭窄症の術後に行うリハビリについてどのような事をするのか説明します。

【スポンサード リンク】


入院中に行うリハビリ

腰部脊柱管狭窄症の手術をした後は、基本的に術後翌日からリハビリが開始されます。ただ手術直後はまだまだ腰がデリケートな状態にありますので、手術の前にしていたようなリハビリをするわけではありません。

術後のリハビリではまず、ベッドから起き上がる練習や立ち上がる練習を行います。そして自力でベッドから起きて立ち上がることができるようになったら、次は平行棒を使って歩行訓練を行います。

また平行棒を使って歩行することができるようになったら、次は歩行器を使った歩行訓練を行います。さらに退院直前には理学療法士の指導の下、物を持ち上げる時の注意点や日常生活における注意点を学びます。

退院後に行うリハビリ

腰部脊柱管狭窄症の手術をした場合、退院した後もしばらくの間はリハビリに通う必要があります。そして退院後のリハビリでは、ストレッチをしたりエルゴメーターを使ったリハビリをしたり、筋力トレーニングをしたりします。

症状が良くなってきた後は

またある程度症状が良くなってきた後は、安定して歩行をすることができるようにトレーニングをしたり運動療法をしたりして、仕事に復帰するための下地作りをしたり、生活の質を上げるための訓練をしたりします。

腰部脊柱管狭窄症は術後のリハビリをしっかりと行うことによって予後が良好になる病気ですし、術後のリハビリを頑張ることによって、狭窄症の再発を防ぐことができます。