腰部脊柱管狭窄症の治療法には、保存療法や薬物療法、
理学療法(リハビリ)、手術療法といったように、
様々な方法があります。

ここではその中から、腰部脊柱管狭窄症に対する
リハビリではどのようなことを行うのか、
ということについて解説させていただきます。

腰部脊柱管狭窄症 リハビリ

温熱療法

まずは温熱療法についてです。

温熱療法においては痛みが発生している部分である
腰に赤外線を当て、しっかりと温めていきます。

またこの時、痛みを和らげる作用がある
クリームを塗ることもあります。

患部を温めることによって筋肉の緊張を和らげ、
痛みを和らげることができるのです。

電気治療

電気治療では、腰や下肢など痛みが生じている部分に
電流を流し、痛みを除去していきます。

温熱療法が基本的に腰部を温める治療であるのに対して、
電気治療では腰はもちろん、下肢にも電流を流すことができます。

牽引療法

腰部脊柱管狭窄症のリハビリにおいては、
牽引療法が行われることもあります。

牽引療法では、腰に装具をつけたうえで牽引をし、
腰椎にかかっている負担を和らげていきます。

ただし患者様によっては、牽引療法を行うことによって
症状を悪化させてしまう場合もあります。

そのため牽引治療を行うかどうかということについは
慎重に判断をするとともに、治療中に痛みが
ひどくなるようなことがあれば、
直ちにリハビリを中止する必要があります。

以上のように、腰部脊柱管狭窄症のリハビリには色々な種類があります。

そして多くの患者様が、消炎鎮痛剤を飲みつつ安静にし、
リハビリを行うことによって症状を軽快させることができています。

腰部脊柱管狭窄症になったからと言って
直ちに手術をしなければならないというわけではありません。

どのような治療を行うかということは、
信頼できる医師と相談をしながら決めていくことが大切です。