腰や下肢に辛い症状が出る腰部脊柱管狭窄症。

英語ではLumber spiral Canal Stenosisiといい、
これを略した「LCS」は、医学会で
腰部脊柱管狭窄症の略語として使われています。

腰部脊柱管狭窄症とは、腰部の脊柱管が
狭窄する病気のことをいいます。

脊柱管にはとても大切な神経がたくさん通っており、
脊柱管が狭窄するとその中を通っている神経が圧迫されます。

するとその神経によって支配されている部分に
痛みやしびれが発生するようになるのです。

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症の原因

では、腰部脊柱管狭窄症はどのような原因で
発症するのでしょうか。

腰部脊柱管狭窄症の原因の中で最も多いのは、
「加齢」であると言われています。

年齢を重ねるとともに骨や椎間板等が変形し、
腰部脊柱管狭窄症を発症してしまうのです。

また加齢以外にも、

  • 腰椎分離すべり症
  • 変性すべり症
  • 脊柱靭帯骨化症
  • 椎間板ヘルニア
  • 形成脊椎症
といった病気が原因となって、
腰部脊柱管狭窄症を発症することもあります。


腰部脊柱管狭窄症の治療法

では、腰部脊柱管狭窄症の治療は
どのように行われるのでしょうか。

腰部脊柱管狭窄症の治療法には、保存療法や薬物療法、
理学療法、運動療法手術療法といったように、様々な種類があります。

腰や下肢の痛みを訴えて整形外科を受診した場合、
まずは消炎鎮痛剤を飲みつつ安静にし、
経過観察をするのが一般的です。

そして激痛が引いてきたら、運動療法や理学療法を行っていきます。

こんな場合は手術療法

ただしある程度の期間保存療法を行っても
症状が全く改善せず耐え難いほどの激痛が取れない場合や
麻痺がおこっている場合、排尿・排便に
支障が出ているような場合には、
手術療法が検討されることになります。