脊柱管狭窄症の手術をする場合、術後の経過がどのようになるのかということが気になりますよね。この記事では、脊柱管狭窄症手術後の過ごし方についてご説明させていただきます。

手術直後

脊柱管狭窄症の手術というとかなり大がかりな手術でしばらくは寝たきり、というイメージもありますが、そんなことはありません。

脊柱管狭窄症の手術後は基本的に翌日から、遅くとも翌々日にはベッドから起き上がることができます。そしてベッドから起き上がることができて特に問題がないという場合、リハビリが開始されることになります。
【スポンサード リンク】


術後のリハビリ

脊柱管狭窄症手術後のリハビリでは、平行棒を使って歩行訓練をしたり、筋力が低下しないようにトレーニングをしたり、ストレッチをしたりします。

ただまだ手術をしてからあまり時間が経っていないため、ハードなトレーニングではなく、あくまでも日常生活に戻るためのトレーニングをしていくことになります。

また退院前には、物の拾い方をはじめとする日常生活において注意すべき点について、理学療法士からの指導があります。

退院後

脊柱管狭窄症は、手術を受ければもう安心、というものではありません。

せっかく手術をしても脊椎に負担がかかる生活を続けていたのでは辛い症状が再発してしまうこともあります。

そのため退院をした後も理学療法士のアドバイスを聞いて脊椎に負担がかからない生活をするとともに、筋力を低下させないようにすることが大切です。

手術を受けた病院では日常生活において注意すべき点に関するアドバイスを受けることができますので、退院する前や通院する際に医師や理学療法士に相談しましょう。