脊柱管狭窄症になると、圧迫されている神経の支配領域においてとてもつらい症状が発生します。

ただその辛い症状の中には、ストレッチをすることによってこれを軽快させることができるものもあります。

ここでは、脊柱管狭窄症による痛みを和らげるストレッチ法についてご紹介させていただきます。

【スポンサード リンク】


腰の片側が痛む場合におすすめのストレッチ法

まずは片足を横に向けて伸ばした状態で床に座ります。

そして足を延ばしている側に向かって、ゆっくりと上体を横に倒しましょう。

「腰の筋肉が伸びているな」と感じられるくらいの所で数秒間その状態をキープして、その後ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

ただし状態を倒す時は、腰をひねらないように注意しましょう。

腰をひねってしまうと、脊柱管狭窄症を悪化させてしまうことがあります。

骨盤周囲や腰の中心部が痛む場合におすすめのストレッチ法

  1. まずは足を延ばして仰向けに寝て、片方の足をもう片方の膝に乗せます。
  2. そしてその状態で伸ばしている側の足を両手で抱え、ゆっくりと体の側に抱き寄せましょう。
  3. その状態を5秒程度キープして、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

そうすることによって、お尻の筋肉をのばすことができるのです。

【関連ページ】坐骨神経痛の治し方ストレッチ動画集←このページも参考になりますね!

ストレッチをする際の注意点

脊柱管狭窄症による痛みを和らげるためのストレッチをする際には、ひとつだけ注意すべき点があります。それは、「決して無理をしない」ということです。

痛みが強いのに無理をしてストレッチをしたり、早く治したいからといって過度のストレッチをしたりすると、症状を悪化させてしまうことがあるからです。

またストレッチをしてもいいかどうか自分では判断することができない場合には、主治医に相談してみるようにしましょう。