脊柱管狭窄症の治療は、確かな技術を持つ
名医のもとで受けることが大切です。

ここでは、東京にいる脊柱管狭窄症の名医を
ご紹介させていただきます。

脊柱管狭窄症 名医 東京

大瀬戸清茂医師(NTT東日本関東病院)

脊柱管狭窄症になると、圧迫されている神経の支配領域に
耐えがたい痛みが発生することがあります。

患者様の中にはその痛みのために日常生活もままならず、
仕事に行くこともできなくなってしまうという方もいらっしゃいます。

そういった痛みに悩まされている方々に
支持されているのが、大瀬戸清茂医師です。

大瀬戸医師は最先端のペインクリニック治療を行っている医師で、
大瀬戸医師が在籍しているNTT東日本関東病院には、
痛みに悩まされている方がたくさん通院しています。

NTT東日本関東病院の詳細はこちら

福井康之医師(国際医療福祉大付属三田医院)

東京にいる脊柱管狭窄症の名医と言えば、
やはり福井康之医師です。

福井医師はみのもんたさんの手術を
行ったことでも有名になりました。

この先生は脊柱管狭窄症手術のエキスパートとして知られており、
福井医師のもとで手術を受けたみのもんたさんも、
見事に仕事に復帰されています。

国際医療福祉大付属三田医院の詳細はこちら

山田仁医師(山田クリニック)

脊椎の手術には、様々なリスクが伴います。

そのため脊柱管狭窄症患者の中には、
できるだけ手術をしないで症状を改善したい、
という方も多いかと思います。

そういった方々におすすめしたいのが、山田仁医師です。

山田クリニックを構えている山田仁医師は、
手術をしないで椎間板ヘルニアを治してしまう医師としても有名で、

山田クリニックには、椎間板ヘルニアはもちろん、
脊柱管狭窄症による辛い症状に悩まされている方が沢山訪れています。

山田クリニックの詳細はこちら