我々の背骨の中には、「脊柱管」と呼ばれる
いわばトンネルのようなものがあるのをご存じでしょうか?

そしてその脊柱管の中には、神経の束である馬尾や脊髄といった、
運動能力はもちろん、生命活動を維持するために必要な神経が通っています。

ところが加齢や長年の生活習慣、外傷など様々な原因によって、
この脊柱管が狭窄して狭くなってしまうことがあります。

そうすると脊柱管の中を通っている神経が圧迫されて、上肢や腕、下肢、
腰、首など全身に様々な症状があらわれるようになります。

このような状態になる病気のことを、脊柱管狭窄症というのです。


脊柱管狭窄症の症状


では、脊柱管狭窄症になるとどのような症状があらわれるのでしょうか。

脊柱管狭窄症の症状が、それが頚椎で発生しているのか
腰椎で発生しているのかによって変わってきます。

頚椎脊柱管狭窄症を発症している場合、以下のような症状があらわれます。

  • 肩こり
  • 首の痛み
  • 上肢の痛み
  • 上肢や手指の痺れ
  • 脱力感
  • 手指が動きにくくなる
  • 排尿・排便障害

また腰椎脊柱管狭窄症を発症した場合、以下のような症状があらわれます。

  • 腰痛
  • 下肢の痛み
  • 下肢の痺れ
  • 脱力感
  • 麻痺
  • 排尿、排便障害

また脊柱管狭窄症によって神経根が圧迫されている場合、
左右どちらの神経が圧迫されているのかによって
痛みやしびれの出方が変わってきます。

以上のように脊柱管狭窄症を発症すると、
全身に様々な症状があらわれるようになります。

脊柱管狭窄症の治療は基本的には保存療法や理学療法、
薬物療法によって行われますが、これらの治療をしても激痛が取れない場合や
麻痺症状が出てきているような場合には、手術が検討されることになります。