現在注目されている脊柱管狭窄手術方法に、
「内視鏡手術」があります。

ではこの内視鏡手術には、どういったメリット、
あるいはデメリットがあるのでしょうか。

ここでは、脊柱管狭窄症の手術を内視鏡手術によって
行うことのメリットとデメリットについてご紹介させていただきます。

脊柱管狭窄症内視鏡手術

内視鏡手術のメリット

内視鏡手術のメリットとしてはまず、体にかかる負担が少ない、
という点が挙げられます。

従来の術式では皮膚を50mm~60mm程度切開し、
筋肉も大きく切らなければなりませんでした。

これに対して内視鏡手術の場合、
皮膚を18mm程度切開するだけでかまいませんし、
筋肉をはじめとする軟部組織に対する
ダメージも最小限に抑えることができます。

そのため内視鏡手術であれば、高齢者であっても
安心して手術を受けることができるのです。

内視鏡手術にはまた、明るい視野で安全に
手術をすることができるというメリットもあります。

内視鏡手術においては背中側からスコープを刺入して
手術をするため、神経組織を拡大したうえで
手術をすることができるのです。

脊椎の手術は一歩間違うと脊髄や神経に損傷を
与えてしまいかねないため、明るい視野で安全に
手術をすることができるというのはとてもいいことですね。

内視鏡手術のデメリット

内視鏡手術のデメリットとしては、
誰でもこの手術の適応となるわけではない、
という点が挙げられます。

患者様の症状や体質、体格によっては、
内視鏡手術をすることができない場合があります。

内視鏡手術に適しているかどうかということについては
検査をすることによってわかりますので、
詳しくは医師に相談してみることをおすすめします。