当然ですが、病院で脊柱管狭窄症の治療を受けるためには、
治療費を支払わなければなりません。

治療期間が長くなるということはそれだけ
治療費も多くなってくるということですし、
治療費が多くなると患者様の負担も大きくなってしまいます。

そして手術を受けるとなるとその治療費は
さらに多額になるため、患者様の中には、
「脊柱管狭窄症の手術を受けるとなると、
その手術費は一体どのくらいになるのだろうか」と
不安に思われている方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

脊柱管狭窄症手術 費用

脊柱管狭窄症手術にかかる費用

では、脊柱管狭窄症手術を受ける場合、
その費用がどのくらいになるのでしょうか。

ここからは、脊柱管狭窄症の手術を受けるにあたって
必要になる費用についてご紹介させていただきます。

脊柱管狭窄症の手術には、椎弓切除術や開窓術、
内視鏡手術など様々な術式があります。

ただこれらのうちどの術式で治療した場合であっても、
その費用は3割負担で20万円から30万円程度となっています。

ただしこれは2週間程度入院した場合の治療費であって、
内視鏡手術をした場合は1週間程度で退院することができるため
入院費がかからない分、治療が安くなることがあります。

また反対に、既往症や持病があったり
術後経過がよくなかったりといった理由で
入院期間が長くなると、入院費の分、
治療費が高くなることになります。

医療費に関しては各地方自治体において
補助制度が設けられていますし、大きい病院であれば
院内にソーシャルワーカーが在籍している場合もあります。

補助制度を上手く活用することによって
金銭的な負担を最小限に抑えることができますので、
詳しくは各地方自治体や院内のソーシャルワーカー等に
相談してみることをおすすめします。