脊柱管狭窄症は、その症状の程度により
手術が必要となることもある病気です。

脊柱管狭窄症の手術はとても難易度が高く
技量によって、予後が変ってくることは
他の記事でも説明しました。

【スポンサード リンク】


従って、脊柱管狭窄症の手術を受けるにあたり、
確かな技術と診断をすることができる名医を
受診することが大切になってきます。

さて大阪に脊柱管狭窄症の名医はいるのでしょうか?
実績を参考にお二人ほどあげたいと思います。

脊柱管狭窄症 名医 大阪

米延策雄医師(国立病院機構大阪南医療センター)

まずは、米延策雄医師。

米延医師は国立病院機構大阪南医療センターに
在籍している医師で、これまで様々な
脊椎・脊髄病疾患の治療を行ってきました。

米延医師はNHKの番組にも出演したことがある
名医で、『やさしい腰痛の自己管理』という
著書も出版しています。

米延医師は脊椎疾患の中でも特に
腰痛治療に精通している名医ですので、
腰部脊柱管狭窄症に苦しんでいる方は、
米延医師のもとを受診して
みてはいかがでしょうか。

手術を受ける際も国立病院であれば、
安心して体を任せることができますよね。

富士武史医師(大阪厚生年金病院)

次に、富士武史医師。

富士医師は大阪厚生年金病院に
在籍している医師で、これまで数多くの
著書を出版してきました、

また富士医師は名医と呼ばれるように
なってからも脊椎疾患に関する様々な
研究を続けており、学会においても
常に積極的に発表を行っています。

高い技術を持っていて患者様からも
信頼されているのに向上心を持って
さらに研究を進めている、そういった面も、
名医と呼ばれる所以なのでしょう。

関西地方にお住いの方で脊柱管狭窄症の
辛い症状に悩まされている方や
なかなか腰痛がなおらないという方は、
富士医師を受診してみてはいかがでしょうか。