北海道は他の地域とは異なり本州と陸続きになっていないため、北海道在住の脊柱管狭窄症患者は、基本的に道内で治療を受けることになります。

では、札幌で脊柱管狭窄症の治療を受けたいという場合、どの病院がおすすめとされているのでしょうか?

【スポンサード リンク】


札幌麻生脳神経外科病院

札幌で脊柱管狭窄症の治療を受けるなら、「札幌麻生脳神経外科病院」がおすすめとされています。脊柱管狭窄症は整形外科の分野なのに、どうして脳神経外科なのか?と不思議に思われますよね。

実は脳神経外科というのは確かに脳の疾患の治療の専門科ではありますが、それと同時に神経に関する治療の専門科でもあるのです。実際札幌麻生脳神経外科病院では、脊柱管狭窄症の治療をこれまで数多く行ってきました。

またこの病院では腰部脊柱管拡大術という顕微鏡を用いた安全な手術が行われているため、安心して治療を受けることができるようです。

札幌脊柱管狭窄症の名医

札幌麻生脳神経外科医院には、矢野俊介医師という名医が在籍しています。矢野医師は北海道大学医学部を卒業後同大学病院の脳神経外科に入局しました。そして2009年にはこの病院の脊椎脊髄センター長に就任しています。

矢野医師はこれまで脊椎・脊髄疾患や末梢神経疾患に対する治療を行ってきており、現在は日本脊髄外科学会に指導医として認定されています。

つまり矢野医師は、脊椎・脊髄疾患のエキスパートであるというわけですね。日本脊髄外科学会の指導医であるという点も、安心できるポイントでしょう。

現在北海道にお住いの方で脊柱管狭窄症に悩まされている方は、札幌麻生脳神経外科医院を受診してみてはいかがでしょうか。