脊柱管狭窄症の名医は
九州にいるのでしょうか?

脊柱管狭窄症が酷くなると
いずれは手術という選択肢が出てきます。

脊柱管狭窄症の手術には、内視鏡手術や
開窓術、椎弓切除術など様々な術式があります。

そしてこれらの術式にはそれぞれに
メリット・デメリットがあるのですが、
どの術式で手術を受けるのかという
判断をするにあたっては、できるだけ
体にかかる負担が少ない方法を選ぶ、
ということになると思います。

そして上記の術式の中で最も
体への負担が少ないのが、内視鏡手術です。

ただし内視鏡手術というのは
どの病院でも行われている
というものではありませんし、
内視鏡手術ができる病院であればどこでも
いいというわけでもありません。

脊椎の手術には様々なリスクが伴うため、
手術を受けるにあたっては安心して
手術を任せることができる名医のもとを
受診することが大切なのです。

脊柱管狭窄症の名医 九州

では九州地方で脊柱管狭窄症の
内視鏡手術を受けたいという場合、
どの病院を受診すればいいのでしょうか。

脊柱管狭窄症 名医 九州

九州地方において内視鏡主従を行っている
病院は数多くありますが、その中でも
最もおすすめされているのが九州大学病院です。

九州大学病院の特徴

というのも九州大学病院では、
まだあまり内視鏡手術がメジャーではなかった
平成14年当時からこの術式が導入されていました。

そして現在では、毎年数多くの
脊柱管狭窄症患者様に対して、
内視鏡手術を行っています。

九州大学病院は大学病院である
ということもあって名医と呼ばれる
優秀な医師が沢山在籍していますし、
医療体制もしっかりと整っています。

現在脊柱管狭窄症の手術を
検討されている方で九州地方に
お住いの方は、九州大学病院で
手術を受けることを検討されてみても
いいかもしれませんね。